20年前北海道の道東をキャンプしながら周っていた頃の気持ちを思い出させてくれた島、ニューファンドランド。北海道の1.5倍の大きさで、さらにダイナミックな自然が広がります。日本語のニューファンドランド島の情報が少ないので勝手に紹介しています。

6/23/2015

Cabot Tower, St.John's

カボットタワー



シグナルヒルの上にあるカボット・タワー。
イタリア人の航海者ジョン・カボットが1494年にニューファンドランド島を発見し、その400周年記念として1898年に建築、1900年に完成した。

セント・ジョンズはもちろん、ニューファンドランド島のシンボル的存在。

建築当時イギリスで流行ったネオ・ゴシック建築で、小さいですが威厳のあるお城のように見えます。