20年前北海道の道東をキャンプしながら周っていた頃の気持ちを思い出させてくれた島、ニューファンドランド。北海道の1.5倍の大きさで、さらにダイナミックな自然が広がります。日本語のニューファンドランド島の情報が少ないので勝手に紹介しています。

5/20/2013

Trinity East

トリニティ イースト                      


トリニティ村の湾を挟んで
向かい側にある東トリニティ村。
日暮れとともに、 海の方から
霧が次第に立ち込めてきました。









”Trinity”というとキリスト教の三位一体が浮かび、とても聖なる場所のような気がしてきます。
もともとこの地名の由来は、ポルトガルの探検家ガスパル・コルテ=レアルが1501年の”Trinity Sunday”(イースターの後の8番目の日曜日)にこの港にやってきた時に名付けらそうで
その後、イギリス人の入植者がこの土地に住むようになっていったそうです。 



霧がどんどん濃くなり村の上まで進んできました。霧のカーテンの裾から、わずかに差し込む夕日のコントラストが印象的でした。