20年前北海道の道東をキャンプしながら周っていた頃の気持ちを思い出させてくれた島、ニューファンドランド。北海道の1.5倍の大きさで、さらにダイナミックな自然が広がります。日本語のニューファンドランド島の情報が少ないので勝手に紹介しています。

5/24/2013

Elliston Root Cellars

エリストン ルートセラーズ

トリニティ村から半島を北に向かってまっすぐ行くと、エリストンという村に行き当たります。

村に入ると道端や丘の上に、まるで「ホビット」が住んでいるような小さな家がところどころに現れます。 
「ルートセラー」と言って、野菜等を保存しておく貯蔵庫です。冬場は野菜を凍結から守り、夏場は涼しさを保ちます。


一番古いもので1839年、それから1950年迄に造られたルートセラー133もあり、今でも利用されています。ルートセラーは村の暮らしに欠かせない存在で、村に伝わる妖精がらみのお話が沢山あるそうです。特に人気のない霧の中で見つけたルートセラーは、旅人の私達でさえも想像力を掻き立てられました。